fbpx
ムビラボ
03-6455-7099 - 平日朝10:00~夜19:00 -
ダウンロード
資料ダウンロード
ムビラボ mail問い合わせ
動画マーケティング集客営業ノウハウ

【実践編】TikTokアカウント運用成功の秘訣!

前回の記事に引き続き、今回もTikTokをテーマにした記事です。

 

TikTokは、YouTubeやInstagramなどと比べても独自の進化を遂げてきたプラットフォームであるため、その運営ノウハウも少し異なってきます。

 

そこで、今回は、実際にTikTokアカウント運営を成功に導くための運営ノウハウをお伝えいたします。TikTokアカウント運営に興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご一読ください。

 

TikTokアカウント運用のポイント

 

2017年夏頃に日本に上陸したTikTokは、今年で上陸から5年ほどが経過しました。そんな中で、TikTokアカウントの運営戦略は徐々に洗練されてきました。

 

特にここ数年では、ビジネスアカウントの参入も増えつつあり、その成功戦略が明確化しつつあります。そこで今回は、そんな成功戦略において、特に重要な5つの要素についてお伝えいたします。

①明確で限定的なターゲティングを行う

 

まず、TikTokアカウント運用のポイント1つ目は、明確で限定的なターゲティングを行うことです。

 

TikTokでは、投稿されるコンテンツが短尺のため、1つ1つのコンテンツが持つ訴求力はあまり高くありません。

 

そのため、同様の訴求をいくつかの動画を用いて、継続的に行う必要があります。この際、ターゲティングが曖昧だと、その訴求内容にブレが生じてしまい、継続的投稿の意味をなしません。

 

また、TikTokを開いたユーザーは、短時間で数多くのコンテンツを視聴することになるため、ターゲットを広く設定した万人受けを狙った動画は、印象に残りづらい傾向にあります。

 

このような理由から、TikTokアカウント運用においては、ユーザーの印象に残る訴求力の強いコンテンツを制作するために、明確かつ限定的なターゲティングを行う必要があります。

 

②継続的な配信を行う

 

次に、TikTokアカウント運用のポイント2つ目は、継続的な配信を行うということです。

 

これはTikTokに限ったことではありませんが、毎日配信や特定の曜日、特定の時間帯に配信し続ける継続性はSNS運営の基本です。

 

しかし、この継続性はTikTokにおいては特に重要です。先述したように、TikTokにおいては、1つ1つのコンテンツが持つ訴求力が高くはないため、継続的に投稿して初めて成果が生まれるからです。

 

さらに、TikTokは、”どのような動画がバズるのか”という問いに対する答えが未だ見つかっておらず、”バズり”のランダム性が非常に高いのも特徴です。

 

そのため、伸びることを期待していた動画が伸びず、深く考えずに投稿した動画が伸びることも珍しくありません。

 

このことを考えると、TikTokにおいては、投稿コンテンツの母数を増やすことが非常に重要であり、そのために継続的な配信が肝心であることが分かります。

 

 

③トレンドを抑える

 

TikTokアカウント運用のポイント3つ目は、トレンドを抑えるということです。

 

レコメンド機能に基づく動画視聴が中心となっているTikTokにおいては、いかにレコメンド表示されるかが、アカウント運営の成功を左右します。

 

そんな中で、類似のコンテンツが数多く投稿されるような流行のコンテンツは、その類似コンテンツの視聴者に対してもレコメンド表示されやすい傾向にあります。

 

また、流行りの動画はユーザーに受け入れやすいため、視聴だけでなく、いいねやコメントなどのエンゲージメントにつながる場合も多くあります。

 

エンゲージメントの上昇はさらなるレコメンド表示につながり、好循環を生むきっかけにもなり得ます。

 

このような理由から、TikTokはハッシュタグやエフェクト、楽曲などたくさんのトレンドがあり、把握には手間がかかりますが、常にトレンドを抑えることはTikTokアカウント運営において不可欠です。

 

④個性を出す

 

TikTokアカウント運用のポイント4つ目は、個性を出すということです。

 

数多くの動画を縦にスワイプしながら視聴していくTikTokでは、マンネリパターンの動画は最後まで視聴されずにスワイプされてしまいます。

 

そのため、そのアカウントならではの独創的な動画を作り上げることで、ユーザーの目を惹くことが要求されます。

 

また、その独創性により、「このアカウントはこういう投稿」という印象をユーザーに与え、「このアカウントの投稿がもっとみたい」と思わせることも重要です。

 

このように、競合やその他アカウントのコンテンツに埋もれるのを防ぎ、ユーザーを自社アカウントのファンにするためにも、自社の個性を出すことが肝心です。

 

⑤炎上対策を行う

 

最後に、TikTokアカウント運用のポイント5つ目は、炎上対策を行うことです。

 

先ほど、コンテンツには自社アカウントならではの個性を出すべきであると伝えたことで、過激なコンテンツを思い浮かべた方もいるかもしれません。

 

しかし、それでは本末転倒です。確かに、過激なコンテンツは、競合との差別化になり、ユーザーの印象にも残りますが、そこには炎上のリスクがあります。

 

もし炎上してしまうと、TikTokアカウント運用で成果を出すどころか、ユーザーに悪印象を与えて、企業のブランディングにも悪影響を及ぼすことになります。

 

そのため、独創性を重視しながらも、なるべく過激な演出は避けるべきです。さらに、炎上した場合の対応をあらかじめ想定しておくことも非常に重要です。

 

『TikTokアカウント運営』の難しさ

ここまで、TikTokアカウント運営のノウハウをお伝えしてきましたが、本記事で掲載したノウハウはほんの一部に過ぎず、実際にはそれぞれのアカウントに合わせて、様々なノウハウが存在します。そのため、本記事にあるノウハウを全て実践しても、アカウント運営の成功が約束される訳ではありません。

 

さらに、現状のノウハウを理解していても、TikTokは変化が多いプラットフォームであるため、その変化に対応しなくてはならず、一筋縄ではいきません。

 

このように考えると、金銭的・時間的・人的リソースがある状態でTikTokアカウント運営を行うことは、現実ではありません。

 

プロに任せると安心

そこで、TikTokアカウント運営を、経験豊富な外部の制作会社に依頼してみるのはいかがでしょうか。弊社では、自社サービスの「ムビラボ」を駆使した格安で上質な動画を1本2万円から、月1,500本のペースで大量制作しています。さらに弊社は、累計数万本の過去事例に基づくビックデータを活用して、コンテンツ企画・動画マーケティング・動画広告分析サービスまでも展開しています。そのため、これまで培ってきた経験やノウハウを活かして動画制作だけでなく、動画化すべき内容の選定など広告施策全体をお任せいただくことが可能です。

 

もちろんTikTokアカウント運営に関しても、非常に多くのサポート実績がございますので、TikTokアカウントをマーケティングに活用したい企業様はぜひ一度ご相談ください。

 

ムビラボのこれまでの事例、サンプル動画は以下のURLをご覧ください。

フラッグシップオーケストラ ムビラボ動画サンプル・事例

 

なお、詳細について相談を希望される方は、以下URLからお気軽にお問い合わせください。

株式会社フラッグシップオーケストラ

 

TikTokに関するその他の記事はこちら

 

・『縦型動画のプロが教える最近流行りのTikTokとは?動画共有アプリは、購買に繋がるのか?』

・『TikTok for Businessで広告出稿を考えている方向け!掲載先として選べる3つのプラットフォームを徹底比較』

・『2022年最新版情報TikTok Adsに関する詳しい設計明細と制限事項』