ムビコラム
ー動画制作・撮影・マーケティングに役立つニュースー

2016年11月28日

メルマガやDMは古い?動画とメールの組み合わせでまだまだ広がるマーケティング

movie

以前からメルマガやDMに代表されるEメールマーケティングと呼ばれる営業手法が様々な企業に取り入れています。

今更…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このEメールマーケティングの分野にも動画マーケティングを導入し、他社との差別化を図る企業が増えています。

メールと動画の組み合わせによる新しい価値を生み出していきましょう。

アメリカでは主流になりつつある、動画とメールを利用したEメールマーケティングですが国内ではまだまだ数が少ない状況です。2016年は動画マーケティング市場も活発化しており一気に普及していく予測もされています。

こうした新しい形をEメールマーケティングが何故必要になるかを以下でお話しさせていただきます。

動画とメールが効果的な理由!リサーチ会社はこう見ている!

Eメールマーケティングに動画マーケティングを活用する理由として、フォレスター・リサーチ社の副社長兼主席のアナリストジェームズ・マギヴェイは「1分の動画は18万文字の文章と同等の価値を持っている」と述べています。

それだけ、動画という形では情報量を圧縮することが可能であり情報配信としては非常に優れた手段であると言われています。

また、企業における経営陣の75%は毎週ビジネス動画を視聴しおり、その65%が動画に紐づくウェブサイトを訪問するということが統計でとられています。

それに伴い、CTR(Click Through Rate)が200%~300%増加するという報告もあります。

つまり、Eメールに動画を活用するだけでアクセス数が伸びたり、興味関心を一気に誘うことができるのです。

メールと動画を組み合わせた結果・・・。これだけの効果が

動画を使ったメールマーケティングにて閲覧への影響力があることがわかりましたが、それがどれだけの利益につながるのかが気きになるところです。

消費者がオンラインショッピングを行う際に、90%の人が動画を購入の意思決定に利用していると言われています。実際に手に取れないものを確認するにはやはり動画が有効的なマーケティング方法ということになっています。

また5000人のユーザーに動画を活用したEメールを送信すると、63.9%の人が動画閲覧を行っていたこともわかっています。

以上は、アメリカで調査された動画を使ったメールマーケティングの報告のごく一部を紹介させていただきました。

このようにアメリカではEメールマーケティングと動画マーケティングの組み合わせによる新たなマーケティングキャンペーンが非常に進んでいます。

日本ではまだまだ動画を活用したメールマーケティングは主流ではありませんが、今後増えていく事は想像に難くありません。 動画マーケティングはまだ始ったばかりです。

まったく新しいことではなく、従来の手法との掛け合わせでより効果的に顧客へのアプローチができるので、是非様々な方法を試してください。

参考元:メルマガ・メールマーケティングで動画を活用するべき13の理由(リサーチ企業調べ)

 

お問い合わせ
TEL.03-6455-7099