ムビコラム
ー動画制作・撮影・マーケティングに役立つニュースー

2016年10月23日

動画編集をしてみたいけど、お金や手間はかけたくない。そんな時こそ、無料ソフト!

movie

現在、「Youtube」など動画プラットフォームを利用した動画マーケティングが大きな広がりを見せています。 市場の拡大もあり、広告収入で生活する「Youtuber」という職業も生まれました。

そんな、動画マーケティングを実際にやってみたい!と思われる方は大変多いと思います。 しかし、最近の動画マーケティングでは、各々の撮影技術や動画編集のクオリティが上がってきています。

「編集なんてしたことないし、お金がかかりそう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。  そこで、今回は動画編集についてこれさえできれば簡単という内容をご紹介します。

編集してみたいけど、どんなソフトがいいの?

まず、手っ取り早くソフトすら必要ない編集の仕方をご紹介します。

動画配信サイト「Youtube」ではアカウントを作成するとアップロードが可能となります。アップロードをする際に、「動画エディタ」というものが存在します。これで編集が行えます。

ここで、動画を選択してクイック編集という簡単な編集と、音声編集が可能です。また、テキスト編集などの文字入れも可能です。更に著作権フリーの画像や音楽もあるので気軽に始められます。

この機能のみで作成された動画を御覧ください。

 

これが、何のソフトも使わずに「Youtube」のサイトのみで作成された動画には見えませんよね。

動画編集初心者にも安心!YouTube動画エディタでカンタン編集!

もう少し手の込んだことをしてみたい!

もっと手の込んだものが作成したい場合、これは無料ソフトを活用しましょう。

無料ソフトはいろんな種類が出ています。

「AviUtl」「Windowsムービーメーカー」はWindowsのOSに対応している無料ソフトとして広く使われています。

特に「AviUtl」に関しては現在「Youtuber」と呼ばれる方も使用しているようなソフトであり、編集に必要なほとんどの機能が搭載されています。

こちらで詳しくインストールから編集の方法まで解説があります。

 

aviutl_main

(出典)http://aviutl.info/

MVなどの作成ができるほど幅広いエフェクト機能があります。

 

また、Mac対応ソフトであれば、「Lightworks」「Avidemux」が無料ソフトとしてシェアを広げています。

Macに関しては、標準搭載されている「iMovie」というソフトを使用すれば編集可能なので、無料ソフトがやや少なめです。

「Lightworks」に関しては、もともとプロ向けの編集ツールでしたが「Adobe Premier」や「Final cut pro」が主流となってきており、ユーザーが減っており無料提供となっている状況です。

但し、英語版の提供なので、ある程度英語が理解できないと使う難易度は高くなります。

これだけ、無料ソフトがありふれている現状なので、様々なソフトを利用して自分に合ったものを見つけていくことで編集は楽しく、簡単になっていきます。

編集は最低限これを

編集をしていく上で何をすればいいのか迷うことが最初の一歩目です。

編集においては、「カット」「テキスト挿入」「トランジション(画面切り替え時の効果のこと)」「BGM挿入」これができればある程度形になります。

この4つがソフトでどうやってできるのかを覚えるだけで、ひとまず第一歩目が完了です。

この四つが基本となり動画作成されていきますので、それぞれの使い方を覚えてください。

更に、簡単に行うためのコツとして、「カット」「削除」「取り消し」このショートカットキーを覚えることが作業がはかどるコツなので、ぜひ覚えてください。

動画編集初心者にも安心!YouTube動画エディタでカンタン編集!

プロおすすめの動画編集ソフト5つとiphone動画編集アプリ5選

以上、動画編集を始めたい方に対してお話しさせていただきました。

簡単な説明でしたが、実際やってみるとこんな感じでいいのかとコツを掴んで頂けまると思います。

「習うより慣れろ」という言葉もありますので、まずは実践してみることも大切ですが、その第一歩目として今回ご紹介させていただいたことをお役に立てていただけたらと思います。

ぜひ、これからの急成長が予測される動画マーケティング市場でのきっかけにしていただけたらと思います。

お問い合わせ
TEL.03-6455-7099