ムビコラム
ー動画制作・撮影・マーケティングに役立つニュースー

2016年10月23日

効果的なYouTube広告を作る基本の4ステップ

movie

世界的なテレビ離れが観測されている昨今。

人々が主にコンテンツを楽しむ場所はもう、テレビではないのです。 パソコンやタブレット、そしてスマホなどで、人々は文字通り「いつでもどこでも」動画を視聴しています。

そんな新たなスタイルで動画鑑賞を楽しむ視聴者に、最も接近できる広告方法は、そう、動画広告シェアNo.1のYouTube広告。

win81-tablet-people-posing_large

 

少し時間が空いた時、タブレットやスマホでがっつりドラマを見るよりも、5〜10分で気軽にサクッと楽しめるYouTubeの動画を楽しむ方が多いのではないでしょうか。

ミュージシャンのライブ動画や、芸人の面白動画まとめ、そして話題のユーチューバーの動画などは単発で楽しめるものが多いですよね。

正直テレビのコマーシャルはある程度の長さがあって、席を外したりできますけど、YouTubeの広告は動画の直前に数十秒あるだけなので視聴者の方に見られる頻度と確率が圧倒的に高いのです。(もちろんスキップも出来ますけど、、、)

4836016

 

http://www.ioldigital.com/youtube-ads.html

このように従来のテレビ動画広告とは少し変わった形で利用されるYouTube広告ですが、一体どのような動画づくりが効果的な動画広告として求められているのでしょうか? テレビ動画広告には必須ではなかった事も、YouTube広告では重大要素だったりするのかもしれません。

ですので、ここでYouTube広告動画を作る上で知っておくと良いキーポイントをご紹介させて頂きます。

⑴ 視聴者層をよく知りましょう

YouTube広告の大きな利点のひとつが、視聴者を選ぶ事が出来るというところです。

自分たちがどのようなサービスや商品を売りにしてて、どの視聴者層に最も声を聞いてもらえるかをよく考えてから動画づくりまたはYouTube広告を利用しましょう。

YouTube広告では、どのジャンルの動画の前に広告を流したいかが選択できます。これは筆者が実際に体験した話なのですが、以前ギターレッスンの動画を見て練習を楽しんでいたところ、急にこのような動画広告が流れました。

 

 

 

楽器の練習を助けるアプリの広告です。ドンピシャですよね。

「なかなか指が思う様に動かないなー」などと思っている方がこの広告を見たら興味を抱く確率は断然とアップしますよね。 あまり興味がない方でも、好きな動画を見ている時に関連した広告が流れたらそこまで悪い気もしません。

なので視聴者層を把握する事が、広告自体の印象を左右する大きな決め手となっているのです。

⑵ 個人的な動画にしましょう

c1bd318f0a0d02b701c8335479786d6b

YouTubeは比較的に個人で鑑賞する人が多いです。

タブレットやスマホでひとりの世界に入って動画を楽しんでいる時に、大衆向けの漠然とした広告が流れると冷めてしまいます。なので⑴で視聴者を絞った後は、視聴者に直接問いかけたりなどをして、共感を得られるような広告にしましょう。

またはある人物の個人的なストーリーなどを元に作った動画なども、視聴者にピンとくる要素があるとスキップせずに最後まで見てしまう事が多いです。

⑶注意の引き付けに徹底しましょう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-13-18-33

 

中盤から終盤にかけてどんなに良い内容を盛り込んでいても、最初の5秒から10秒の間に視聴者の注意を引き付けられなかったら、動画はスキップされてなんの効果も得る事はできません。

なので質問やインパクトのあるビジュアル、そして驚きの真実の暴露を匂わせるセリフなど、最初の「フック」がとても肝心になってきます。

⑷ 短くまとめましょう

視聴者の動画鑑賞を邪魔しているという事を忘れてはいけません。

いくら興味深くて共感の得られる広告であろうと、視聴者はついでに観ているのであって、注意が切れてしまったらすぐにスキップボタンを押してしまいます。

なので遠回りはせずに率直に要点に入り、スムーズに動画を終わらせましょう。

理想は33秒前後です。なぜならYouTube広告は再生時間が30秒を越えないでスキップされると料金が発生しないからです。 30秒以内の広告は動画がすべて観られないと料金が発生しません。

なので動画は短ければ短いほど良いのですが、この場合は33秒前後の動画で、25秒までに要点の説明などを済ませておきましょう。

そうすると25秒を過ぎたあたりで視聴者は動画が終わったと思い、スキップボタンをクリックし、広告料がかからないという可能性が生まれるのです。

以上、YouTube広告を作るにおいてのいくつかのアドバイスでした。YouTube広告の長所と短所を理解した動画作りがキーになっております。

ぜひ参考にして、より良いYouTube広告動画の製作にお役立てくださいませ。

お問い合わせ
TEL.03-6455-7099