fbpx
ムビラボ
03-6455-7099 - 平日朝10:00~夜19:00 -
ダウンロード
資料ダウンロード
ムビラボ mail問い合わせ
動画マーケティング

話題沸騰!「コンテンツマーケティング×動画」が注目されている理由とは?

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、価値あるコンテンツを提供すること、ユーザーをWebサイトへ呼び込み、見込み顧客を醸成し、サービスや商品の購買を経て最終的にはファンとして定着させることをめざすマーケティング手法です。

 

商品に対するニーズが既に顕在化しているユーザーをターゲットとするのではなく、まだニーズが顕在化していない潜在的なユーザーに対し、コンテンツを使って段階的に購買へと誘導していくといった特徴があります。

 

ここでいうコンテンツとは、ユーザーの知りたい情報を的確にわかりやすくまとめたものや、ユーザーの悩みを解決する情報を提供するものを指します。

そんなコンテンツとして近年話題になっているのが動画コンテンツです。

 

そこで本記事では、コンテンツマーケティングにおける動画コンテンツの活用について、その効果や種類から、実際に動画コンテンツを制作する上でのポイントまでをご紹介いたします。

 

 

コンテンツマーケティング×動画が強力なワケ

コンテンツマーケティングの最終的なゴールはユーザーをファン化させることですが、そのためには、ユーザーに商品・サービスを購入・利用してもらうことが不可欠です。

 

そこで有効になるのが動画コンテンツです。

ここでは、コンテンツマーケティングにおいて動画コンテンツが強力なワケを3つご紹介いたします。

 

 

①多くの情報を伝えられる

動画は文章や静止画に比べ、短時間で圧倒的に多くの情報を伝えることができます。

 

アメリカの調査会社「Forrester Research」が発表した情報によると、動画が1分間につき伝えられる情報量は180万語にも匹敵するそうです。

さらに、動画は動きや文字、ナレーションなど様々な表現が組み合わさることにより、複雑な情報もわかりやすく伝えることができます。

 

そのため、他のコンテンツと比べて、動画を用いたコンテンツマーケティングでは、ユーザーの商品・サービスへの理解を深めやすく、商品・サービスの購入・利用へと繋げやすくなります。

 

 

②印象に残りやすい

動画コンテンツは映像に音楽やナレーションなどの音声を組み合わせられるため、視覚と聴覚へ同時に訴えかけることができます。

 

そのため、インパクトが強く、ユーザーの印象に残りやすいという特徴があります。

 

このような特徴を持つ動画コンテンツをマーケティングに活用することで、自社のサービス・商品を強く印象づけることができるため、サービス・商品購買やファン化などユーザーを次のアクションへと促すことができます。

 

 

③拡散力に優れている

現在、YouTubeやTikTokなどの動画配信プラットフォームを中心に、動画コンテンツはユーザーからも身近な存在となっています。

 

そんな中で、ユーザーから面白いと思われた動画コンテンツは、動画配信プラットフォームやその他SNSなどにより、ユーザー間で拡散されます。

 

このユーザー間での拡散は、企業側が想定できないほどの効果を生む場合も多いため、そんな拡散力も動画コンテンツを活用する利点と言えます。

 

 

コンテンツマーケティングにおける動画の種類

動画には様々な種類・ジャンルが存在しますが、コンテンツマーケティングにおける動画は、「ブランディング動画」「HOWTO動画」「サービス紹介動画」の3種類に大別できます。

 

ここでは、それら1つ1つについて、その特徴や期待できる効果をご説明いたします。

 

 

ブランディング動画

まず1つ目は、ブランディング動画です。ブランディング動画とは、企業のイメージアップにつながる動画のことを指します。

 

映像と音声を用いて企業やブランドの世界観、価値観といった形のないものを表現し、直感的に訴求することができる動画コンテンツは、ブランディングにぴったりの手段と言えます。

 

そして、動画コンテンツを利用して、ブランディングを成功させることで、商品・サービスの購入・利用だけでなく、ユーザーがファン化する可能性を向上させられます。

 

 

HOWTO動画

2つ目は、HOWTO動画です。HOWTO動画とは、商品やサービスの使い方などを説明する動画のことを指します。

 

画像や文章に比べて、視覚的に細かい部分までわかりやすく伝えることができるため、現在では取扱説明書代わりに活用するケースも多くなっています。

 

既存のユーザーに情報を伝えるだけでなく、比較検討をしているユーザーには、動画を通してサービスへの理解を高め、不安を解消して購買へと繋げることもできます。

 

 

サービス紹介動画

最後に3つ目は、サービス紹介動画です。

 

サービス紹介動画は、サービス・商品の情報を詳しく紹介する動画のことを指します。

サービスを知らないユーザーは、このサービス紹介動画を見ることで、商品を認知し、理解を深めることができます。

 

ユーザーの視点に立ち、サービスの特徴から魅力、活用方法など、実際の活用シーンを具体的にイメージしてもらえるような内容にすることで、ユーザーを商品・サービスの購入・利用までスムーズに誘導できます。

 

 

効果的な動画にするために

ここまで、動画を活用したコンテンツマーケティングについて、その効果や種類について述べてきました。

 

ここからは、実際に、コンテンツマーケティングにおいて動画を制作する際のコツや注意点についてご説明いたします。

 

ターゲットと目的は明確に

コンテンツマーケティングにおける動画制作で最も重要なのは、誰を対象として、何を目的にした動画なのかを明確にすることです。

 

ターゲットが絞れていなかったり、目的があやふやだったりすると、視聴されるだけで、商品・サービスの購買・利用には繋がらないコンテンツとなってしまいます。

 

これでは、コンテンツマーケティングにおいては意味がありません。

 

そのため、制作に取り掛かる前に必ず、ターゲットの性別や年齢、性質、そして、ブランディングが目的なのか、ファンの獲得が目的なのか、商品・サービスの認知度向上が目的なのかなど動画コンテンツの目的についても明確化しておく必要があります。

 

 

動画はシンプルかつコンパクトに

次に重要となるのは、シンプルかつコンパクトな動画にすることです。

 

複数のテーマを盛り込んでしまうと、何を伝えたいのかが不明瞭になってしまい、ユーザーの印象に残らない動画になってしまいます。

 

また、動画時間が長いと、情報にまとまりがなく途中で離脱というケースも考えられます。

そのため、コンテンツマーケティングにおける動画は、テーマを1つに絞り、必要な情報だけを的確に伝える短尺の動画が好ましいと言えます。

 

 

CTAを設定する

コンテンツマーケティングにおいて効果的な動画を作るための3つ目のポイントは、CTAを設定することです。

 

CTAとは、Call to Actionの略で、日本語では「行動喚起」という意味です。

コンテンツマーケティングにおける動画は、どれだけ魅力的な動画であっても、ユーザーを購買やその先のファン化など次の行動へと誘導できなければ意味がありません。

 

そのため、動画の最後に自社サイトやLPへ遷移できるようリンクをつけておくなど、ユーザーを商品・サービスの購入・利用へと繋げるCTAを設定しておくことが重要になります。

 

 

バズりを狙いすぎない

最後のポイントは、バズりを狙いすぎないということです。

 

上述した通り、動画コンテンツの持つ拡散力は、コンテンツマーケティングにおいて、非常に有効な手段です。

しかし、バズることだけを狙って制作してしまうと、炎上のリスクも伴いますし、目的から外れてしまい、既存のユーザーが離れてしまう可能性もあります。

 

もちろん、結果的に拡散されることは望ましいですが、最初からバズりを狙うことは厳禁です。

 

コンテンツマーケティングの目的は、ユーザーを商品・サービスの購入・利用へと繋げてファン化することですので、きちんと視聴者の視点に立って、視聴者の需要にあった動画コンテンツを作ることが大切です。

 

 

コンテンツマーケティング×動画が難しい理由

本記事でも述べてきた通り、動画コンテンツを活用したコンテンツマーケティングは、非常に効果的なマーケティング手法の1つです。

 

しかし、コンテンツマーケティングにおける動画コンテンツは、通常の動画コンテンツ以上に制作のコツや注意点が多く、自社内で行うには難易度が高いのも事実です。

 

また、最終目標であるコンテンツマーケティングの成功には、コンテンツマーケティングにも精通している必要があります。

 

 

プロに任せると安心

そこで、動画を活用したコンテンツマーケティングを、経験豊富な外部の制作会社に依頼してみるのはいかがでしょうか。

 

弊社では、自社サービスの「ムビラボ」を駆使した格安で上質な動画を1本2万円から、月1,500本のペースで大量制作しています。

 

さらに弊社は、累計数万本の過去事例に基づくビックデータを活用して、コンテンツ企画・動画マーケティング・動画広告分析サービスまでも展開しています。

そのため、これまで培ってきた経験やノウハウを活かして動画制作だけでなく広告施策全体をお任せいただくことが可能です。

 

もちろん動画を活用したコンテンツマーケティングについても、非常に多くのサポート実績がございますので、動画を活用してコンテンツマーケティングを成功させたい企業様はぜひ一度ご相談ください。

 

ムビラボのこれまでの事例、サンプル動画は以下のURLをご覧ください。

フラッグシップオーケストラ ムビラボ動画サンプル・事例

 

なお、詳細について相談を希望される方は、以下URLからお気軽にお問い合わせください。

株式会社フラッグシップオーケストラ