fbpx
ムビラボ
03-6455-7099 - 平日朝10:00~夜19:00 -
ダウンロード
資料ダウンロード
ムビラボ mail問い合わせ
その他動画制作ノウハウ

飲食店のスタッフ教育には動画活用がおすすめ!活用メリットや事例、作成方法などを解説

近年、飲食業を営む企業で、動画を活用した店舗スタッフ教育が注目を集めています。飲食業では、これまで対面の集合研修で店舗スタッフ教育を行うことが一般的でしたが、新型コロナウィルス感染症などの影響もあり、動画を活用した店舗スタッフ教育にシフトする企業が増えています。

しかし、動画を活用するメリットは、三密回避だけではありません。実は、他にもたくさんのメリットがあります。まだ実施していない方は、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。今回は飲食店向けに動画を活用したスタッフ教育のメリットや事例、研修動画の作成方法などを解説します。

 

店舗のスタッフ教育に動画を活用するメリットとは?

動画を店舗スタッフの教育に活用することで、たくさんのメリットが得られます。代表的なメリットを紹介するので、確認しておきましょう。

研修の効率が上がる

動画を活用することで、店舗スタッフはネット環境があれば、いつでもどこでも受講が可能になります。スマホなどで視聴ができるため、移動時間や休憩中などの隙間時間で研修を受けることができます。また、動画であれば分からない箇所を何度でも見返せますので、スタッフの理解度も高まります。さらに、動画は一度制作してしまえば、何度でも利用可能です。そのため、講師となるスタッフの工数が削減できます。したがって、店舗スタッフ教育に動画を活用することで、教わる側と教える側の両者がメリットを得られるのです。

紙では説明が困難な内容でも伝えられる

紙のマニュアルでは説明が難しい内容に関して、動画を活用すれば店舗のスタッフに伝わりやすくなります。例えば、言葉では説明しづらい調理方法や盛り付けの方法、業務管理システムの操作方法などは、動画で実際に業務内容を見せたほうが、店舗スタッフにも理解してもらいやすいでしょう。

また、動画内でBGMや効果音、アニメーション、テロップなどを効果的に使用することで、受講者にポイントを伝えつつ、視聴してもらいやすくなります。

研修コストを大幅に削減できる

削減できるコストの対象としては、以下のようなものが挙げられます。

・研修を実施する会場の費用

・受講者、講師の交通費、宿泊費

・教材費(紙資料の印刷費も含む)

動画による研修であれば、ネット環境とデバイスさえあれば、いつでもどこでも受講できます。そのため、会場の手配や受講者、講師の交通費、宿泊費などが不要です。また、動画は1度作成してしまえば何度でも利用可能なため、講師に支払う謝礼も1回で済みますし、紙資料を印刷して受講者に配布する必要もありません。

研修内容の品質を均一化できる

店舗のスタッフ教育を動画で実施することで、研修内容の品質を均一化することができます。集合研修の場合、日程によって講師が変更になる場合があり、研修の質にバラつきが生じる可能性があります。特に、社員が講師を持ち回りで担当する場合などは、人に教えることに長けた方ばかりではないので、当たり外れが大きいでしょう。しかし、動画を活用すれば、教えることに長けた講師の方による研修をいつでもどこでも実施することができ、研修内容の品質を均一化することができるので、教育効果を高めることができます。

 

動画化に向いている研修とは?

1.新入社員向けの研修

新入社員向けの研修は、動画の活用が適したコンテンツです。新卒向けの研修は、一般常識や社会人としてのマナー、社内ルールなど基本的な内容が多いため動画化に適しています。特に飲食店はスタッフの出入りが多いため、新入社員向けの研修を動画化することは、費用対効果が高くおすすめです。

2.オンボーディング研修

中途向けのオンボーディングを目的とした研修は、均一化した内容になるので動画を活用することに適しています。何度も繰り返し使うほうが効率的でしょう。

3.業務マニュアル

業務マニュアルも内容が統一化されているため、動画化に適したコンテンツといえます。調理の方法や清掃方法なども動画で作成しておけば、分かりやすく伝えられるでしょう。視点を変えたり、映像・音響効果を加えられたりするので、受講者に分かりやすく説明できる点もメリットです。

4.自社商品・サービスの紹介

自社商品やサービスの紹介も動画の活用に適したコンテンツです。飲食店のスタッフは、お客様からメニューの内容について尋ねられることも多いので、自社商品の内容を深く理解しておかなくてはいけません。また、メニューやサービスは季節ごとに追加、更新することも多いので、スタッフに適宜周知しておく必要があります。

動画で自社商品やサービスの紹介動画を作成しておけば、詳細な情報を効率よくスタッフに伝えられます。スマホなどでいつでも閲覧できるので、隙間時間を活用できる点もメリットです。

5.コンプライアンス教育

企業が遵守するべきコンプライアンスをスタッフに教育するためのコンテンツも、動画が適しています。コンプライアンス教育では、起こり得るリスクを予め把握し、スタッフに自分の事として認識してもらうことが重要です。。動画であれば寸劇やアニメーションなどを活用できますので、スタッフのコンプライアンスに対する理解度を高められます。SNSが浸透したことで、ひとつのミスでお客様の信用を大きく落とすリスクが高まっています。飲食店におけるスタッフへのコンプライアンス教育の重要度は非常に高いので、ぜひ動画を活用しましょう。

6.企業のビジョンや経営理念

経営者のメッセージや企業のビジョン、経営理念などを動画化することもおすすめです。お客様に質の高いサービスを提供するためには、現場の社員も含めた全員がビジョンや経営理念を理解しておく必要があります。動画であれば気軽に視聴ができるため、モチベーションアップやエンゲージメント強化にもつながるでしょう。

 

研修動画を作成する方法

研修動画を作成するためには、多くの工程を踏む必要があります。本章では研修動画を作成する大まかな流れを解説するので、参考にしてみてください。

構成を考え、情報を集める

研修動画を作成する際には、まず動画で達成したい目的や対象者を明確化します。どのようなコンテンツを動画にするのか決まったら、構成を考え、必要な情報を集めましょう。動画が長くなりそうな場合は、何本かに分けて配信することも必要です。動画で伝えたいポイントを明確化し、簡潔な構成になるよう心掛けましょう。また、店舗スタッフ教育の動画は、スマホで閲覧される可能性が高いので、配信方法にも留意しておきたいところです。

台本を作成する

動画の構成が完成したら、次に台本を作成しましょう。動画の細かな流れをあらかじめ決めておくことで、収録の効率化につながります。受講者の視点に立って、重要な内容が伝わりやすい演出を施すことが大切です。台本は可能であればテキストだけでなく、絵コンテも作成しておくと、完成形をイメージしやすくなるでしょう。

動画を撮影する

台本が完成したら動画を撮影します。演者の姿や声がはっきり聞こえるように、カメラやマイク、照明を調整することが大切です。モニターで映像と音声を確認しながら進めると、失敗が少なくなるでしょう。思っている以上に、調整に時間がかかる場合がありますので、余裕をもって取り組むことが重要です。

動画によってはナレーションを挿入する

スライドなどの素材をメインにした動画の場合は、ナレーションの挿入が必要です。受講者が理解しやすいように、スライドの進行に合わせてナレーションのスピードや抑揚を調整しましょう。テキストだけの台本を読むと、棒読み感が出てしまうので、強調するポイントやゆっくり説明する箇所などには、脚注を入れておきます。また収録後の確認は、受講者目線で客観的に実施できるよう、演者ではなく第三者が行うようにしましょう。

編集する

収録が終わったら、動画編集ソフトを使って動画の編集を行います。必要に応じてテロップや効果音、BGMなどを挿入しましょう。また、淡々とナレーションが続く動画は視聴者が退屈するので、バックにBGMを入れることで落ち着いて見てもらえます。

動画の中で最も伝えたいことが何かが分かるように、構成にメリハリをつけて編集することが大切です。

 

飲食店の店舗スタッフ教育に動画を活用する際、注意するべきポイント

飲食店の店舗スタッフ教育に動画を活用する場合には、いくつかのポイントに留意することが必要です。教育効果を高めるために必要なポイントを紹介するので、ぜひ実践してみてください。

コンテンツの長さは短めが鉄則

飲食店の店舗スタッフ研修動画を作成する場合には、コンテンツをできるだけ短い長さで作成することがポイントです。視聴時間が長い動画は、店舗スタッフが視聴するハードルが上がり、視聴率が下がる可能性があります。

スマホでの視聴を想定した場合、コンテンツの長さは1本あたり1~2分程度で作成することが一般的です。内容によっては、30秒程度で完結にポイントをまとめてもよいでしょう。

コンテンツの長さを短くすることで、移動中や休憩中といった隙間時間にスタッフが動画を視聴しやすくなります。

受講者が受け身にならないための工夫が必要

動画は、コンテンツを一方的に再生する形で進行するため、受講者が受け身になり、内容が頭に入りづらい点が課題です。そのため、店舗スタッフ教育に動画を活用する際には、受講者が受け身にならないための工夫が求められます。

例えば、動画の演者は受講者の目線に合わせて問いかけるように話すことで、対面形式の講義を受講しているような雰囲気を演出することが可能です。また、動画の視聴後、受講者がアクションできるように、感想の記入やアンケートが実施できる仕組みを作るのも有効でしょう。

店舗スタッフが動画を閲覧しやすい環境整備が必要

店舗スタッフ教育に動画を活用する場合は、スタッフが閲覧しやすい環境作りが必要です。視聴できるデバイスの準備や配布、スタッフの個人用スマホで視聴できる仕組みを整備しておきましょう。

また、おすすめコンテンツがどれかスタッフに周知することも大切です。メールやチャット、社内掲示板などを活用してスタッフに周知することで、学習進度を社内で均一化しやすくなります。

店舗スタッフの教育進度を把握すること

店舗スタッフ教育を動画で実施する場合には、スタッフごとの学習進度をモニタリングしなくてはいけません。

誰がどの動画を見たか分かるように、スタッフごとの視聴履歴を確認できる仕組みを準備することが必要です。個々の学習進度に応じて、事務局側からアラートを出せることが理想です。

一方、スタッフの個人スマホで閲覧可能にする場合には、セキュリティにも配慮が必要です。動画の内容によっては機密事項も含まれるため、自社スタッフだけがアクセスできるような環境を準備しておくことも大切です。具体的には、ID・パスワードが必要な配信プラットフォームの活用や、受講者のみに絞った限定配信などが挙げられます。

動画の作りっぱなしはNG

店舗スタッフの研修動画は、一度作成すれば何度でも使いまわすことが可能です。しかし、現在のコンテンツが必ずしもベストであるとは言い切れないため、必要に応じてアップデートすることで、より学習効果を高められるでしょう。

動画を受講したスタッフの感想やアンケートを参考に、コンテンツを適宜修正していく運用を行うことが大切です。くれぐれも動画の作りっぱなしは避け、達成したい目標を達成できるようなコンテンツ制作を目指しましょう。

 

最後に

飲食店の店舗スタッフ教育には、動画の活用が効果的です。今回紹介した内容を参考に、ぜひ実践してみてください。しかし、店舗スタッフ教育に動画を活用する際には、たくさんのポイントを押さえる必要があるので、慣れていない企業には難しい部分もあるでしょう。そこでおすすめしたいサービスがムビラボとムビパスです。

 

動画制作はムビラボ

ムビラボは1本2万円からオリジナル動画が制作できる格安・動画大量生産サービスです。また、貴社専用の制作ラインを作成するため「作れば作るほど安い」を実現します。

これから動画を作成しようとする企業様は、制作に多くの投資が必要になるので、ムビラボを活用してコスパを高めるのがおすすめです。

ムビラボを導入した企業の事例をこちらで紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

 

ムビラボ/動画サンプル・事例

また、ムビラボの資料は以下でダウンロードできますのでご活用ください。

 

ムビラボの資料ダウンロードはこちら

 

動画の管理はムビパス

ムビパスは動画の配信やユーザーの特定、閲覧データの取得・分析ができる動画配信ツールです。飲食店のスタッフ教育に動画を活用する際には、学習進度の把握が必須のため、ムビパスの機能を活用することをおすすめします。ムビパスを活用することで、以下のような施策の実現が可能です。

・店舗スタッフに見てほしい研修動画の配信

教育対象のスタッフに対してURLを発行できます。動画の管理も可能で、閲覧状況で学習進捗を管理することが可能です。

・自社サービスの紹介動画を送付

メールにサービスの紹介動画URLを添付し、店舗スタッフに限定して視聴させることができます。

・新メニューを店舗スタッフへ送付

新メニューの紹介動画を店舗スタッフへセキュアに送ることが可能です。

 

なお、本記事でムビパスに興味が湧いた方は、以下からお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら