fbpx
ムビラボ mail問い合わせ
動画マーケティング

プロが注目する「獲得型動画広告」とは?

近頃、ネット広告業界内では「獲得型動画広告」が注目されています。

いわゆる、通常の動画広告は企業が商品やサービスの認知度を向上させるなどブランド力を高める目的で打ち出すブランディング目的で活用されることに対して、「獲得型動画広告」とは、広告接触者に購入につながるアクションを起こさせることを目的にした広告のことを言います。

本記事では、「獲得型動画広告」について解説するとともに、「獲得型動画広告」を簡単に実施する方法について解説します。

 

獲得型動画広告について

通常、Youtubeなどへの動画広告の出稿は、TVCMの代替として認知度を上げる目的で行われること共に、実際の成果も求められるケースがありますが、動画を制作して垂れ流しているだけでは良い成果を望めません。

動画を使った広告は動画単体だけではなく、様々なWEB広告手法やウェブサイトを連動させ、WEB上の動きをトータルで設計した総合的な広告展開が必要です。

 

「獲得型動画広告」を簡単に実施する方法とは?

「獲得型動画広告」を実施するためには、購入につながるアクションを起こさせるような動画クリエイティブを作りこむことが必要です。通常の動画制作会社においては、ブランド力の訴求に関しての作りこみが得意なものの、購入につながるアクションを起こさせる制作をしていないため、思うような成果が出づらいです。

一方で、ムビラボアドの「獲得型動画広告」ではすでに多数の企業において導入実績があり、「獲得型動画広告」専用の動画制作を行うことができます。

さらには、自社媒体の運用型広告展開や高品質コンテンツ定期提供で培った様々なノウハウを組み合わせ、総合戦略マーケティングとして動画広告を展開することができます。

 

ムビラボアドの獲得型広告動画の制作実績

▽『ToB商材も動画広告で格安に!』

https://youtu.be/2aqX7PhUvpY

・目的:サービスの興味喚起/問い合わせ増加

・内容:法人向け印刷サービスのSNS用広告動画です。

・金額:10本20万(ムビラボアドパッケージ)

アニメーションでサービスのブランディングを保ちつつ、分かりやすさを重視しております。

獲得型広告動画について相談を希望されるからは以下URLからお問い合わせください。

https://movi-lab.com/ad-contact/

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。